windowssupport.org buy Office Professional Plus 2016 Key Office 2016 activation keys for sale in Microsoft Store. At the first glance on such cheap Office 2016 serial keys sale, Office 2016 Key http://www.troilus.es http://www.maclorry.be https://www.styleandthecity.nl http://www.parajumpersbelgium.be

温熱環境

住環境と疾患リスク(疾患リスクを回避する2つの大切なポイント)

家が寒いとこんなに危ない!?

高齢になればなるほど、寒冷期の影響を受けやすく、四大死因のうち心疾患、脳卒中、肺炎は、とくに冬場にリスクが高まる傾向にあります。そこで冬の寒さ対策が重要になるのです。

四大死因の月別変動

日本はヒートショックによる死亡者数が世界一多い。

現在の日本で、ヒートショックによる年間死亡者数が約17,000人に及びます。交通事故の年間死亡者数が約5千人に対して、その約3倍以上の人がヒートショックによって亡くなっているのです。そして、右のグラフのように年間の浴室死亡者数は2位の韓国の4倍近く、3位以下の国の6倍以上の人数でもあります。
これは、住宅の断熱化が海外に比べて進んでおらず、お風呂文化がある日本特有のリスクであると言えます。

海外の浴室死者数との比較

そのカラダの不調は寒さが原因かも?

高断熱住宅に引っ越した約2万人を対象にした健康状態の改善率調査では、断熱グレードが高いほど改善率が高いといった調査結果もあります。

断熱グレードと改善率

家全体を“均一に暖かく”が理想的。
見習いたい、北海道の家づくり。

下記の表を見てみると、北海道より西日本の方が疾患リスクが高いといったデータもあります。
温暖な西日本エリアこそ住宅の断熱化が必要となります。

ご存知ですか!? 冷えは万病のもと!?
体が冷えると血流が悪くなり免疫力が低下し、ガン等の病気になりやすいとも言われています。

都道府県別の疾患リスク

高断熱化の住まいと健康寿命の関係

健康上の問題で、日常生活が制限されることなく生活できる期間を「健康寿命」と言います。つまり、寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある「不健康な期間」を意味するのです。この不健康な期間をいかに短くできるかが、健康に生きるポイントとなります。そこで、要因の一つとして注目されているのが人生の大半を過ごす「住宅」とされています。

つまり、住環境が健康に及ぼす影響は大きいのでそのリスクを軽減することが結果的に健康寿命に好影響を与えると考えられています。

健康寿命ワーストランキング
下矢印

イムラでは、2つの技術をご用意しています。

イムズゼロハス

2020年を見据えたZEH基準を上回る「高断熱仕様」に、自然を採り込む設計技術をプラスした、人にも家計にもやさしい住まいです。

≫イムズゼロハスを詳しく知る

シーズンブレス工法

冷暖房に頼らない独自の通気工法を採用。高気密・高断熱住宅に自然の快適性をプラスした省エネルギーシステムです。     

≫シーズンブレス工法を詳しく知る

関連コンテンツはこちら

ご相談や資料請求は無料です。
お気軽にご連絡ください。

お願い:弊社ホームページへリンクを貼っていただく際は、恐れ入りますが下記メールアドレスまでご一報お願い致します。
info@imuranoie.co.jp

CopyrightⒸ2017 IMURA Co., Ltd. All Rights Reserved.