windowssupport.org buy Office Professional Plus 2016 Key Office 2016 activation keys for sale in Microsoft Store. At the first glance on such cheap Office 2016 serial keys sale, Office 2016 Key http://www.troilus.es http://www.maclorry.be https://www.styleandthecity.nl http://www.parajumpersbelgium.be

耐震と制震

いつ、どこで起こってもおかしくない大地震

世界一の地震大国、日本。阪神・淡路大震災(1995年)、東日本大震災(2011年)をはじめとする震災では、残念なことに多くの人々の命と財産が奪われました。そして、今や東海地震、東南海地震が予告されています。

地震多発国日本

吉野杉の家はこうした大地震を想定し、全棟耐震構造計算によるチェックを行った耐震住宅です。震度7相当の揺れにも耐えうる高耐震構造を備えています。

「耐震」+「制震」

耐震と制震の比較

まだ記憶に新しい2016年の熊本地震では、震度7が2回計測されるなど大きな揺れが複数回発生し、耐震基準を満たした住宅でも倒壊するケースが多く見られました。このような繰り返しの揺れには、地震エネルギーをしなやかに吸収し、熱エネルギーに変換して逃す「制震」システムが有効です。 吉野杉の家では、標準の耐震構造に加え、オプションで制震システムを組み込むことができます。 新築時に追加費用を出してでも、「耐震」+「制震」で最高の地震対策を講じておくことをおすすめします。

     

制震仕様「ミューダム」

より高い安心をお求めの方には「制震仕様」をご用意しております。

     

ミューダム

     

ミューダムは、世界で初めて「金属流動」という摩擦現象を利用した、木造住宅用制震ダンパーです。摩擦によって地震エネルギーを熱エネルギーに変換させ、揺れを最大で85%減らします。金属同士の摩擦を利用しているため、季節や地域差の中で起こりうる温度変化や揺れの速度変化に左右されず、安定した制震性能を発揮します。さらに、60年以上の耐久性をもつ仕様で、本体と部品のすべてを金属で製造しており、地震だけでなく、防耐火面にも考慮した次世代型の制震ダンパーです。これらの性能により、国土交通大臣認定を取得しています。 (製造販売元:アイディールブレーン(株))

ミューダム      

■世界初!「金属流動」ダンパーで
 揺れ幅最大85%低減

内鋼管と外鋼管が刀とさやのように二重構造になっており、地震時に伸び縮みをしてスライドします。そのスライド部分で鋼材より柔らかいアルミがグニュグニュと動き始める金属流動を起こし、地震エネルギーを吸収します。

金属流動後に剥がしたアルミ板の表面。

金属流動後に剥がしたアルミ板の表面。アルミ原子の美しい破面と鋼材からの剥離面が混在しているのが確認できます。

■繰り返しの地震に強い!
 阪神淡路大震災クラス48回に耐える強度

夏冬の温度変化や揺れの速度変化に関係なく、片筋交いでも両筋交いのように圧縮・引張の対称性能を有します。48回繰り返した振動台実験の結果、その性能は保持したままでした。          

阪神淡路大震災クラスの揺れを48回加振した実大住宅の振動台実験

8トンのおもりを載せ、阪神淡路大震災クラスの揺れを48回加振した実大住宅の振動台実験。(京都大学防災研究所)

■60年以上の耐久性

下図は、腐食前の試験体と塩水噴霧してボロボロに錆を発生させた腐食後の試験体に、繰り返し100回の実験を行った結果です。グラフを見てわかるように、耐力は低下することなく安定しています。 万が一、錆が発生しても金属流動はには全く影響ありません。

腐食前の試験体
腐食後の試験体
東京都産業技術センター疲労試験機

耐震性能チェック

耐震性能チェック

イムラの構造躯体は、全棟耐震性能チェック(住宅性能表示制度(注)に定められた壁量計算)により、適切な耐震強度を持つように設計されています。また、プランニングの段階から、最適な骨組みを目指したグリッドプランニング(柱、梁を規則正しく配置することを基本として平面計画を行うこと)にてプランの提案と構造の検討を行っています。グリッドプランニングを行うことで、構造バランスの良い家をつくることを目指しています。

注:住宅性能表示制度:住宅の性能(構造耐力、遮音性、省エネルギー性等)に関する表示の適正化を図るための共通ルール。
住宅取得者が良質な住まいを安心して手に入れることが出来るための法律として平成12年4月1日に施行された品確法(正式名称「住宅の品質確保に促進等に関する法律」)の骨子の1つ。

MDF合板(中密度繊維板)

MDF合板

MDF合板とは木材チップを蒸煮・解繊したものに接着剤となる合成樹脂を加え、板状に熱圧成形したものです。外壁面全てに、厚さ9㎜のMDF合板を打ち付け、強固な壁構造をつくります。

※F☆☆☆☆(フォースター)を採用しています。

耐震に対する検証

耐震に対する検証

私たちイムラは地域を代表するビルダーとして、より多くのお客様に安心で安全な住まいを提供するために、独自にさまざまな実験活動を実施しています。
右の写真は、実際に施工させていただいたK様邸で実施した実験風景です。

「DYNAS/SYSTEM(㈱日本アーキテクチャー)」の動的耐震診断により建物の耐震性能(強さ)を測定・検証。K様邸では、実験の結果、震度7レベルの地震に対しても「安全性高」の結果となり、イムラの建物の耐震性の高さが実証されました。

※動的耐震診断=建物に実際に地震波を与えて、建物の挙動を計測し、解析することによりどの震度まで安全かを表示するシステムです。

関連コンテンツはこちら

ご相談や資料請求は無料です。
お気軽にご連絡ください。

お願い:弊社ホームページへリンクを貼っていただく際は、恐れ入りますが下記メールアドレスまでご一報お願い致します。
info@imuranoie.co.jp

CopyrightⒸ2017 IMURA Co., Ltd. All Rights Reserved.