windowssupport.org buy Office Professional Plus 2016 Key Office 2016 activation keys for sale in Microsoft Store. At the first glance on such cheap Office 2016 serial keys sale, Office 2016 Key http://www.troilus.es http://www.maclorry.be https://www.styleandthecity.nl http://www.parajumpersbelgium.be

構造・基礎

イムラの工法は、伝統の木造軸組工法

伝統の木造軸組工法

住宅の工法には、木造軸組工法(在来工法とも呼ばれます)、ツーバイフォー工法、鉄骨造、鉄筋コンクリート造(注1)などがあります。
吉野杉の家は、日本で最も主流な木造軸組工法です。
木造軸組工法は、垂直材(縦方向の材)である柱と、水平材(横方向の材)である梁・桁などで構成された木の骨組をつくり、それらを家の軸とする工法です。

MDF合板

木造軸組工法の利点としては、プランの自由度の高さや、増改築の対応のしやすさなどが挙げられます。イムラではこれらの伝統工法の優れた部分も尊重しながら、先進の技術も取り入れ、外壁の構造面の材料としてMDF合板(中密度繊維板)(注2)を使用することで建物全体を強固な箱に仕上げます。 良質な吉野杉・国産檜で組み上げられた構造躯体(骨組み)は、その強さは言うまでもなく、見た目も非常に美しく、また自然木ならではの優しく爽やかな香りがします。 イムラでは現場案内や構造見学会を積極的に開催しております。 「百聞は一見にしかず」是非イムラの構造躯体を現地でご確認下さい。

注1 ツーバイフォー工法:木材で組まれた枠組に、構造用合板などを打ち付けた床と壁によって、建築物を建築する工法。
鉄骨造:建築物を鋼材で組み立てる構造。
鉄筋コンクリート造:建築物を鉄筋コンクリートで組み立てる構造。

注2 MDF合板:木材チップを蒸煮・解繊したものに接着剤となる合成樹脂を加え、板状に熱圧成形したもの。

※F☆☆☆☆(フォースター)を採用しています。

<使用部材>

使用部材

通し柱:国産檜(4寸角)
管柱(くだばしら):吉野杉(4寸角)
土台:国産檜(4寸角・柿渋塗布)
梁(はり)・桁(けた):吉野杉
胴差(どうさし):吉野杉
母屋(もや):吉野杉

吉野杉・檜の4寸角(一等材)

吉野杉・檜の4寸角

主要構造材(上下階を通して用いる通し柱・柱の下部を連結する水平材である土台)には国産檜の一等材の4寸角(12㎝角)、管柱(くだばしら)には吉野杉の一等材(注3)の4寸角を使用します。 また、各柱は木の中心を含む材(芯持材)を使用しているので、より強い構造となります。

仕口(しくち)・継ぎ手

仕口(しくち)・継ぎ手

部材同士をつなぐ方法として、同じ方向につなぐことを継ぎ手、直交してつなぐことを仕口(しくち)と言います。イムラでは熟練の棟梁が手刻みでこれらの加工を行っています。

構造用結合金物

構造用結合金物

部材と部材の結合、基礎と部材の結合に構造用接合金物を使用します。ホールダウン金物、羽子板ボルト、筋交いプレートなどの金物により各部材を堅結します。

注3:一等材とは、材木のランクを示します。目に見えるところに使用する化粧柱などは、特選(一等材よりランクが上)の材木を使用しますが、構造で使用する場合は耐力が十分な一等材を使用します。

オプション

耐風金物(竜巻対策金物)

耐風金物(竜巻対策金物)

馬の鞍のように、垂木に金物をかぶせ、母屋・軒桁・棟木に緊結することにより、竜巻や台風などによる風圧で垂木(屋根)が吹き上げられることを抑えます。

地盤調査

地盤調査

建物の基礎や構造がいくら丈夫でも、地盤が弱くては家が傾いてしまう不同沈下を起こしかねません。
イムラでは、着工前の全ての建物で入念な地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)を実施し、地盤データを収集。
改良工事の有無を的確に判断します。

地盤改良(別途費用)

地盤調査により、軟弱地盤と判定された場合には、地盤の状況に適した地盤改良工事を行います。
戸建住宅の地盤改良方法には「柱状改良(ちゅうじょうかいりょう)」、「鋼管杭(こうかんぐい)」、「表層改良(ひょうそうかいりょう)」の3種類があります。(注4)

注4:柱状改良工法:建物荷重の掛かる柱の直下にコンクリート杭を形成し、建物の不同沈下を防ぐ工法。
鋼管杭工法:地盤に鋼管を挿入し、建物の不同沈下を防ぐ工法。
表層改良工法:軟弱な地盤の土とセメント系固化材を混ぜ合わせ、固化させ、地盤の耐力を増し、不同沈下を防ぐ工法。

基礎

基礎

基礎は家の荷重を支え、安定させるための土台となる重要な部分です。 イムラでは鉄筋コンクリート造のベタ基礎を採用しています。
ベタ基礎は、建物の外周部の立ち上がり部分と、それに囲まれた建物の下部全体を鉄筋コンクリート造りの板状にしたものとを一体化し、強固に接続させるものです。地盤に接する面が大きいため、軟弱地盤において不同沈下(建物が不揃いに沈下を起こすこと)を防止する効果があるとされています。

基礎の立ち上がり幅は150㎜、外周部は160㎜、ベース部の厚さは150㎜、地盤面からの高さは地盤面+400㎜です。
鉄筋はJIS規格で定められた13m/mのものを縦横200㎜間隔で施工しています。

関連コンテンツはこちら

ご相談や資料請求は無料です。
お気軽にご連絡ください。

お願い:弊社ホームページへリンクを貼っていただく際は、恐れ入りますが下記メールアドレスまでご一報お願い致します。
info@imuranoie.co.jp

CopyrightⒸ2017 IMURA Co., Ltd. All Rights Reserved.